なるべく後悔はしたくない

なるべく後悔はしたくないというのは普通に考えてみんなそうですよね。
そのときは自分の人生で良かれと思って選択したことだったのに、そこで散々お金まで使ったあとに完全に間違いだったと分かって困っています。
こういうのって人に相談というか愚痴をすると、傷が浅い内で良かったとかなんとか言われそうですね。
でも本人からしたら、なんでもっと早く気がつかなかったんだろうって思いますよ。
人の相談だったら、私だってそう言っちゃいます。
あと数か月、あと一年先に後悔するよりはマシだったって。
所詮は他人ごとですよね。
後悔した方が負けというか、悔いて生きていく方が損な気がします。
歳を取った分、そこらへんは開き直れるようになったことだけが良いことかな。

本音もあります

犯罪被害に遭った人のことを悪く言うのは良くありません。
でも、ちょっと、思ったりしちゃうこともあります。
先日テレビでカフェのオーナーさんが椅子を盗まれたとしてニュースに出ていたんです。
完全に被害者でお店の人は全く悪くない状況です。
それを見て私は思ってしまいました。
だって、こだわりぬいて選んだ椅子ならば、なんで閉店後にテラスに出しっぱなしなんですかね?
机ならお店の中に全部入れるのは無理かもしれません。
でも椅子なら入るでしょ。
入れるのは面倒だろうけど、そんな誰でも手に出来るところに並べていたらそりゃ盗られることもあるでしょうと。
本当にすみませんと思いましたが、もっと自衛すればいいのにという本音もあります。

「いわいごと」

まんまことシリーズ、「いわいごと」を読みました。
とうとう麻乃助に後妻が。
ちょっと、あーあーぁ~って感じですよ。(笑)
お気楽屋だ、なんだ言われているけど、問題を解決することが出来るんだし、優しい人だし、麻乃助さん、素敵じゃないかっていつも思っていたので。
お寿と子供が亡くなった時には、私も涙が流れましたし、今もずしんときますよ。
作者さん、なんでこんな展開にしたんだろうと本当に謎でした。
このシリーズも長くなりましたね。
ご縁が出来そうなお雪さんはくっつきそうで、くっつかない。
縁談が正式に流れたと思ったら、嫁が決まったって急展開。
評判の美人になりそうで、嫌な気持ちになりましたが違って良かったです。
これからは夫婦でどうやっていくのか楽しみです。

お店で買ってきたお刺身

お店で買ってきたお刺身を、お皿に移すか移さない問題。
気にする人は気にするんでしょうね。
じゃあ、気にする人がする、ということで一件落着じゃないですか?
テレビでは某タレントさんが「お正月くらいはお皿に移して欲しい」だって。
お正月は奥さんにだってきているのに、なんでお正月くらいは移さないといけないんでしょうかね。
そもそもお刺身を食べない私が言うのもなんですが、どうでもいいわ!
なんで家事って女がする前提なんですかね。
子供の頃は母親がしてくれるからでしょうか?
時代がは変わったのに、いつまでたっても男は自分が生活していくうえでのことをしない。
こういう話しが出ても気がつかないのか、見ないふりをしているのか。

どちら側から見るか

世の中にはどちら側から見るかでその本質がかわってくるものというものがありますね。
先輩薬剤師のOさんは40代ですが結婚してもう25年くらいはたっていてお子さんも成人しています。
昼食中に迷子になってしまうお年寄りの話しをしていたときに、スマホにGPSがついているので、もっていた方がみつけやすいみたい話題があったんです。
そしたら、「私は旦那にGPSの設定をされている」と言い出しました。
仕事中にたまに見て、旦那さんからラインがきたりするそうです。
Oさんも仕事中だからいる場所を確認しなくても分かるのに、見てることを伝えるんだとか。
私は何年たってもラブラブですねなんて言っちゃいましたが、他の人が「浮気でも疑われているのでは?」って。
どうみるかで全くかわってくるんだなって思いました。

正直言って興味がない

鬼滅の刃が大ヒットしていますが、漫画もアニメも見た事がないので正直言って興味がないです。
コラボが溢れすぎているのにも商魂たくましいなと。
でもこないだテレビを見ていたら鬼滅関係のセリフみたいなのが出たんですよ。
テロップで鬼滅の刃っぽいレタリングと音楽で、そっち関係なのはわかりましたけど、そんな誰でも知っている前提でネタ出しされてもとイラっときました。
大人気作品でも全員が知っているわけではありませんからね。
無料で全配信されている時に一瞬見ようかなと思ったことはあったけど、やっぱり惹かれずでやめました。
ディズニーやジブリも見た事ない方が多いから驚かれます。
でも私も数年前にやった半沢直樹を一度も見ていないと言った薬剤師Wさんに驚いたことがあるので人のことは言えないか・・。

動物に100%安心はない

南アフリカの自然保護活動家の男性が、赤ちゃんのころから育てていたライオンに襲われて亡くなったそうです。
とても痛ましいことだとは思いますが動物に非はないと思いました。
もちろん、亡くなってしまった人が100%悪いわけではありません。
他の人にはなつかないけど、この人は別とかこの動物は狂暴ではないというのは未来永劫続くとは限りません。
意思疎通が出来ていて、動物が人間へ愛情を感じていたとしても、この手のことは起きてしまうときは起きてしまう。
詳細はわかりませんが、ライオンはじゃれていただけだったかもしれないし、一瞬にして野生の血が行動をおこさせたのかもしれない。
少々違いますが、赤ちゃんや小さな子供が大型犬と一緒にうるのは微笑ましいけど、正直怖いから心配です。

カレーの思い出いろいろ

カレーハウスCoCo壱番屋、ココイチ。
私にはこのお店に思い出があります。
若かったころによくここでカレーを食べました。
付き合っていた人がここのカレーが好きだったので、何回も行ったんですよ。
彼と別れてからは一度も行っていません。
思い出を大切にしたいとか、綺麗な話しではなくなんとなく行っていないという感じです。
ココイチではご飯があまってしまったときに、少しカレーのルーをおかわりできるそうです。
そんなネット記事を読んで懐かしくなりました。
この仕組みを知っていたら私も利用したのに!
カレーとルーをうまい具合に食べるのが難しかったんですよ。
どうしてもご飯が残ってしまい、最後の方がバランスが悪かったです。
彼に未練はありませんがあの頃知っていたら一緒に頼んだかなと思いました。

八十八夜の別れ霜

八十八夜というのは聞いたことはあるけど、あまり知らない言葉です。
立春から数えて88日目のことを言い夜だけじゃないそうですよ。
現代とは違って江戸時代は夕暮れからはじまるってことをはじめて知りました。
陽がくれると一日がはじまると思ったそうです。
私だったら疲れ切っている状態なので、そんなときに一日がはじまるかと思うのは疲れが倍増してしまいそうです。(笑)
今宵は昨夜という意味で春から夏にかわることなんですね。
88歳のお祝いは米寿と書くというのは知っていましたよ。
八十八夜の別れ霜・・・旧暦は遅い霜があった。
八十八夜が過ぎれば寒いことから発症する病はなくなり大丈夫ということ。
八十八夜に積んだお茶は無病息災にもつながるってここからきているんですね。

「良いことがない」

「良いことがない」
こんなこと、言っちゃいけないとは思うのですが、口からポロリと出てしまったのだから仕方がないです。
今月は自分で目を負傷させてしまい病院通い。
思ったよりもお金はかからなかったけれど、普段はかからない費用が発生。
そして、いきなりでビックリしたのですがスピードメーターがうごいていない。
走行中に気がついて目が点になりましたよ。
けっこう長らく原付バイクに乗っていますがはじめての経験でした。
これではいったい何キロで走行しているのかわかりません。
故障したまま乗るのは違法のようだし、修理にいくらかかるのかと思って検索したらやっぱりけっこうかかる。
今月は一年で一番大きな支払いがあるのにまた出費が決まってしまいました。