ガンのリスク

6万年前にアフリカが高めたガンのリスクがありました。
それは太陽との関係です。
人類は誕生以来、強い日差しが降り注ぐアフリカの大地に住んでいました。
人口の増加がきっかけで6万年前に人類が世界中に広がっていきました。
人類は日差しの弱い地域でも暮らし始めました。
ガンの発症は太陽からふりそそぐ紫外線と深い関係があるのです。
アメリカの大腸がんの死亡率と紫外線
井戸の高い紫外線少ない。
大腸がんの死亡率と重ねると、ガンの死亡率は紫外線が低いところに多い。
紫外線ががんの発症リスクを少なくしているのは何故なのか。
紫外線があたると皮膚でつくられるビタミンDがあります。
紫外線が多い地域では大量につくられて、紫外線が少ないところではわずかしかつくられないことがわかっています。
これががんになりやすい原因のひとつとされています。