シリーズモノの最終本

シリーズモノの最終本を読みました。
図書館で借りたせいもあって、こんな話しだったかなぁ?
ってなりました。
なにせ机上の空論が本のページのほとんどを割いているんですよ。
嫌な予感はしましたね。
この作者さんは途中までは面白いんですけど、最後がどうもため息をつきたくなるパターンが多いです。
最初は主人公が罠にはめられて、殺人事件の容疑者になるという展開でした。
言い逃れができない状態に追い詰められるところまでは面白かったですよ。
でもそのあとがねぇ。
どんでん返しでもあるのかと思ったら机上の空論がそのまま採用になって普通に終わってしまいました。
登場人物たちも嫌いじゃないんですけど、もっと長いシリーズで続いて欲しいとは思いませんでした。