避難させたあとにフラッシュオーバー

秋田県の火災現場で家主を避難させたあとにフラッシュオーバーが起きてしまいました。
20代と30代の若い消防士二人が殉職してしまいました。
人の命を守る尊い仕事ですが、残されたご家族や友人、そして同僚の方々は無念でしょう。
また、火災を発生させてしまったご自宅の人達も衝撃を受けたと思います。
火事で自宅を失ってしまうなんて想像も出来ないくらいのショックでしょう。
これからどうやって生活していくか、失われてしまった大切なものへの思い。
経験者じゃないと慰めの言葉は出ません。
そのうえで助けにきてくれた人達が二人も亡くなってしまったのです。
私だったら相手のご家族への謝罪を言いたいです。
不幸が重なってしまったときは本当につらいですね。